パソコン教室 スタディPCネット二子玉川校

ICTテストセンター二子玉川校

TEL : 03-6431-0576  E-mail: info@tamagawa-studypc.net

MOSについて


ICTテストセンター二子玉川校 MOS試験の状況(合格率/平均点/受験教科の比率)

2018/8/21~2018/11/27現在の状況   合格率     平均点      Excel       Word    PowerPoint  Access
 当校受講者  100%  958点  67% 17%   16% 0% 
 外部受験者  73%  778点  61%  23%  7% 9% 

自宅で一人学習をされていて、行きづまった方にはサポートが必要です。当教室で受講されることをおすすめします。資格である以上、高得点で合格していただきたいと思っています。

ビジネスの現場では、業種、職種を問わず入社直後からパソコンスキルが必須です。

学生時代からパソコンスキルを身につけなければいけません。

しかし、現状では卒業前の大学生の7割以上がExcelの操作に自信がないと回答しています。(㈱オデッセイコミュニケーション調査2014年卒業大学生) 働き方改革、業務の効率化以前の生産性の問題となっているかもしれません。

特に海外ではMOSの利用がよりすすんでいるようです。海外のMOS事例


MOSの名称は、Microsoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)です。

パソコンで行う資格試験で、制限時間50分で問題を解きます。解答後その場で試験結果が表示され合否が判定されます。

当教室は、MOS資格の試験会場に認定されています。


MOSは、Microsoft Office製品の操作スキルを証明できる国際資格です。

テスト科目は、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの各アプリケーションについて、Officeバージョンごとにあります。また、WordとExcelはスペシャリストレベル(一般レベル)とエキスパートレベル(上級レベル)の2種類の科目があり、証明したいスキルによってレベルを選択できます。

テストは、本物のアプリケーションソフトをマウスやキーボードで操作して解答します。MOSを取得すると、Office製品を使いこなすスキルが身につき、その能力を客観的に証明できます。また指定の4種の資格を得ることでマスターの称号を得ることができます。

 


MOSを取得すると就職に有利です。

MOSは、Microsoft Office製品の操作スキルを証明するものとして、唯一マイクロソフトが認定する資格です。就職・転職の資格ランキングでも常に上位にあります。

サーティポート社とユタ大学の調査(2012年)によると、

・MOSを取得した従業員の88%が、「仕事の成果が上がった」と回答。

管理職の85%が、「MOSを取得した従業員は、仕事の生産性が以前より高まった」と回答。

・MOSを取得した従業員の80%が、「マイクロソフトオフィスの知識とスキルで周囲から一目置かれるようになった」と回答。

 

MOS取得の社員・派遣はまだ少ないため、MOSを持ってこれから進学・就職・転職・再就職する方は大いにアピールできますよ!

特にMOSマスターは、2019年12月31日時点累計で87,765名しかいません。試験に関するデータはこちら。

累計なので数が少なく希少性があります。また、このデータによるとマスター取得の16.7%は20歳以下でとっています。学生の夏休みなどで一気に取ると卒論作成で利用したり、就職でアピールできたりと利用価値抜群です。ぜひ検討されてはいかがでしょうか。

 

あと、学生の方がMOSで好成績を残すと世界大会へエントリできるようです。2019年は、米国ニューヨークの開催会場『ニューヨーク マリオット・マーキス タイムズスクエア』で「MOS/ACA世界学生大会 2019」決勝戦が開催されました。代表の成績はこちら。

 


二子玉川校でのMOS対策講座受講/受験のメリットは、

  1. MOS認定試験会場であるため、会場になれることができ安心して受験できます。
  2. MOS受験のPC環境がいいです。モニターは1280x1024以上が要求されますが、当校では1920x1080の高解像度です。視野が広がり操作が楽になります。また、パソコンは通常HDDですが、当校はSSDで高速です、動作のストレスがありません。
  3. 当面の間は各時間帯とも定員1名様のみで試験を実施します。このため、他の受験生を気にしないで試験を受けることができます。
    (受験シーズンなどで混雑する期間や時間帯では2名同時受験となります。ご了承ください。)
  4. 二子玉川校の試験時間は随時となります。時間が決まっていませんので、空いた時間で予約して受けることができ受験の自由度が高く忙しい受験生のみなさんにも対応できます。
  5. 事前に模擬試験を1320円(税込)で実施できます(外部受験の方)。模擬試験を受けて自信をもって本テストに臨めます。受験料も高いので1発合格を狙いましょう。(日経BP MOS攻略問題集またはFOM MOS対策テキストを購入いただいている方)お自宅のPCで模擬テストが動作しない等々不便を感じているかたも利用すると便利です。(会社で利用のOffice2016/2013/2010は現在販売されていません。)
  6. 自力で資格試験を受けたが不合格になった方、合格のための対策をスタッフが丁寧にアドバイスします。大丈夫です必ず合格します。

MOSのスキルマップ(Office 2016版)

資格名 種類 証明するスキル・履歴書への記載方法

スペシャリスト 

Microsoft Office Specialist(一般レベル)

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Access
  • Outlook

 マイクロソフト オフィス製品の一般的なスキルを証明します。

履歴書には「マイクロソフト オフィス スペシャリスト Excel 2016 取得」(もしくは、MOS Excel 2016取得)(英語カタカナ「MOS」の短縮表記もOKです)と記述できます。

エキスパート

Microsoft Office Specialist Expert(上級レベル)

  • Word Expert
  • Excel Expert

マイクロソフト オフィス製品のより高度なスキルを証明します。

履歴書には「Microsoft Office Specialist Word 2016 Expert 取得」(もしくは、MOS Word 2016 Expert 取得)(英語カタカナ「MOS」の短縮表記もOKです)と記述できます。

マスター

Microsoft Office Specialist Master(マスター認定)

 

マイクロソフト オフィスの複数製品の利用と総合スキルを証明します。必須科目:Word Expert,  Excel Expert, PowerPoint 選択科目:Access, Outlook のどちらか

履歴書には「マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター取得」(もしくは、MOS Master取得)と記述できます。

 資格取得日は、合格日(受験日)です。合格された当日から履歴書等の書類に記載できます。合格した当日には「試験結果レポート」をお渡しします。その約2週間後に以下のような資格証明書が送られてきます。これとは別に電子版の資格証明書も取得できメールなどで送ることも可能です。

 



MOS受験料


バージョン 資格名 受験料 試験時間
MOS2016

Word2016 スペシャリスト(一般)

Excel2016スペシャリスト(一般)

PowerPoint2016スペシャリスト(一般)

Access2016スペシャリスト(一般)

Outlook2016スペシャリスト(一般)

10,780円(9,800円+消費税10%)

学割   8,580円(7,800円+消費税10%)

50分

 

 

 

Word2016エキスパート(上級)

Excel2016エキスパート(上級)

12,980円(11,800円+消費税10%)

学割   10,780円(9,800円+消費税10%)

MOS2013

Word2013 スペシャリスト(一般)

Excel2013スペシャリスト(一般)

PowerPoint2013スペシャリスト(一般)

Access2013スペシャリスト(一般)

Outlook2013スペシャリスト(一般)

10,780円(9,800円+消費税10%)

学割 8,580円(7,800円+消費税10%)

Word2013エキスパート1,2(上級)

Excel2013エキスパート1,2(上級)

10,780円(9,800円+消費税10%)         

学割 8,580円(7,800円+消費税10%)